Location: PHPKode > projects > Runemaster > docs/cast.and.selection.template.html
<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8">
<title>2.3. 描写とテンプレートファイル</title>
<link rel="stylesheet" href="style.css" type="text/css">
<meta name="generator" content="DocBook XSL Stylesheets V1.73.2">
<link rel="start" href="index.html" title="Runemaster マニュアル">
<link rel="up" href="installation.html" title="第2章 準備と設定">
<link rel="prev" href="runemaster.cunstruct.html" title="2.2. Runemaster のコンストラクタ">
<link rel="next" href="variable.html" title="第3章 テンプレート変数">
</head>
<body bgcolor="white" text="black" link="#0000FF" vlink="#840084" alink="#0000FF">
<div class="navheader">
<table width="100%" summary="Navigation header">
<tr><th colspan="3" align="center">2.3. 描写とテンプレートファイル</th></tr>
<tr>
<td width="20%" align="left">
<a accesskey="p" href="runemaster.cunstruct.html">前のページ</a> </td>
<th width="60%" align="center">第2章 準備と設定</th>
<td width="20%" align="right"> <a accesskey="n" href="variable.html">次のページ</a>
</td>
</tr>
</table>
<hr>
</div>
<div class="section" lang="ja">
<div class="titlepage"><div><div><h2 class="title" style="clear: both">
<a name="cast.and.selection.template"></a>2.3. 描写とテンプレートファイル</h2></div></div></div>
<div class="section" lang="ja">
<div class="titlepage"><div><div><h3 class="title">
<a name="runemaster.cast"></a>2.3.1. 描写</h3></div></div></div>
<p>
        描写処理を行うには、Runemaster インスタンスの cast メソッドを実行します。
        また cast メソッド実行時には、描写内容のベースとなるテンプレート名をあわせて指定します。
      </p>
<p>
        テンプレート名とは、テンプレートデータとして準備されたファイル名称から拡張子を除いたものです。
        またテンプレートのファイル名称は「.html」拡張子をもったものです。
        (変更することもできます。)
      </p>
<div class="example">
<a name="id296323"></a><p class="title"><b>例 2.2. 描写処理</b></p>
<div class="example-contents"><pre class="programlisting">
$master = new Rune_Master($templatesDirectory);
$master-&gt;cast('Example');
</pre></div>
</div>
<br class="example-break">
</div>
<div class="section" lang="ja">
<div class="titlepage"><div><div><h3 class="title">
<a name="template.file.selection"></a>2.3.2. テンプレートファイルの指定について</h3></div></div></div>
<p>
        もしテンプレートディレクトリ内がいくつものディレクトリツリーで構成されていて、そのツリー内部のテンプレートファイルを指定したい場合は、cast メソッドでも同様にスラッシュで区切った形式で記述します。
      </p>
<p>
        たとえばテンプレートディレクトリ以下に myweb/items/ という名称のディレクトリがあり、items 内の list.html というテンプレートファイルを使って描写したい場合は、次のようなコードを記述します。
      </p>
<div class="example">
<a name="id296358"></a><p class="title"><b>例 2.3. 多段ディレクトリ内のテンプレートファイル</b></p>
<div class="example-contents"><pre class="programlisting">
$master = new Rune_Master($templatesDirectory);
$master-&gt;cast('myweb/items/list');
</pre></div>
</div>
<br class="example-break">
</div>
<div class="section" lang="ja">
<div class="titlepage"><div><div><h3 class="title">
<a name="change.tempalte.suffix"></a>2.3.3. テンプレート拡張子の変更</h3></div></div></div>
<p>
        前述したとおり、テンプレートデータは「.html」という拡張子をもったファイルを準備し利用します。
      </p>
<p>
        もしテンプレートとして利用するファイルの拡張子を別のものにしたい場合は、
        setTemplateSuffix メソッドを使用します。
        次の例では、テンプレートを「.tpl」という拡張子に変更し利用するようにします。このとき描写に利用されるテンプレートファイルは「hello.tpl」になります。
      </p>
<div class="example">
<a name="id296392"></a><p class="title"><b>例 2.4. テンプレート拡張子を「.tpl」に変更</b></p>
<div class="example-contents"><pre class="programlisting">
$master = new Rune_Master($templatesDirectory);
$master-&gt;setTemplateSuffix('.tpl');
$master-&gt;cast('hello');
</pre></div>
</div>
<br class="example-break">
</div>
</div>
<div class="navfooter">
<hr>
<table width="100%" summary="Navigation footer">
<tr>
<td width="40%" align="left">
<a accesskey="p" href="runemaster.cunstruct.html">前のページ</a> </td>
<td width="20%" align="center"><a accesskey="u" href="installation.html">上に戻る</a></td>
<td width="40%" align="right"> <a accesskey="n" href="variable.html">次のページ</a>
</td>
</tr>
<tr>
<td width="40%" align="left" valign="top">2.2. Runemaster のコンストラクタ </td>
<td width="20%" align="center"><a accesskey="h" href="index.html">ホーム</a></td>
<td width="40%" align="right" valign="top"> 第3章 テンプレート変数</td>
</tr>
</table>
</div>
</body>
</html>
Return current item: Runemaster